樺沢紫苑著 精神科医が見つけた3つの幸福【読書メモ】

精神科医で作家でもある樺沢紫苑さんの著書「精神科医が見つけた3つの幸福」を読み終えました。

「精神科医が見つけた3つの幸福」を読む目的

以前、著者の本「ストレスフリー超大全」を読んで、感銘を受けたので最新の著書を読みたいと思った。

本を読んで今日から実践できそうなこと

・3行ポジティブ日記、感謝日記、親切日記。

・自己成長する(インプット&アウトプット)。

「精神科医が見つけた3つの幸福」で心に響いた箇所(読書メモ)

・ドーパミン、セロトニン、オキシトシンが十分に分泌されている状態で、私たちは「幸福」を感じる。つまり、脳内で幸福物質が出た状態が幸せであり、幸福物質を出す条件というのが「幸せになる方法」である。

→「幸福とはなにか」について筆者が脳科学的に説明していることに感銘を受けました。

また、「セロトニン、オキシトシン、ドーパミンと3つの脳内物質が出る=幸せな状態」とわかりやすい。

誰もが、幸せに生きたい上で何を目指せば良いか明確になりました。

・人は毎日自己成長しているのです。残念なのは、せっかく毎日、自己成長しているのに、ほとんどの人はそれに気づいていないことです。

→目からウロコが落ちた箇所。今日、知らないことを知る。新しい本を読む。やったことない体験をする。いずれも昨日の自分は知らなかったこと。

これって、昨日の自分よりも少し賢くなったり、成長しているとも言える。

だからこそ、誰もが日々成長している。解像度を変えて変わった部分に気付けるかどうかで全く変わることに気づいた。

・毎日の「プチ成長」を意識できる人は、「自分は成長している」「自分はできるようになっている」という感覚を強く持つことができます。(中略)「成長している自分」が見えると、楽しくなり、「もっと頑張ろう!続けていこう!」と思います。

・「つらい」「たいへん」に注目してしまう人は、「こんなに仕事を頑張っているのに、ちっとも評価されない」「これだけがんって、これしか成果が出ないなんて、嫌になってくる」とモチベーションを下げます。結果としてパフォーマンスを下げ、続けられなくなって、挫折していく。

・同じように努力し、同じように頑張っていても、「プチ成長」を自覚できる人は3年後に大きな成長を手に入れる。せっかく、「プチ成長」をしているにもかかわらず、気づかない、自覚できない人は、モチベーションを下げて、継続できずに、挫折していく。