ライフログ

沢田マンションは全てが揃ってる!1人で高知県旅行の宿泊先に沢マンが合う4つの理由

高知県を旅行した際の宿泊先として「日本のサグラダファミリア」と称される沢田マンション(以下:沢マン)に宿泊したので、まとめてみました。

高知県にある沢田マンションに宿泊したい!

人生で1度は訪れたいというスポットがあると思います。

その中の1つが高知県にある沢田マンションでした。

これが日本のサグラダファミリア沢田マンションだ!

えっ!?沢田マンションって何!?って方は下記の記事をご参照下さい。

参考記事:沢田マンション – Wikipedia

そのカオスっぷりをザックリまとめると

  • 専門的な建築スキルナッシングで建てちゃった究極のセルフビルドの鉄筋コンクリート建造物
  • 設計図は存在せず故沢田嘉農氏の頭の中。
  • マンションの敷地内に池がある。
  • マンションの中に畑がある。
  • マンションなのに動物(ネコ、ニワトリ、ブタ、ウサギ等々)満載
  • マンションの敷地内にクレーンや機材がある。
  • マンションなのにお店やサロンがある。
  • マンションなのに宿泊できる。

等など数々の面白い事やカオスっぷりが点在している建物なんです。

ネットやブロガー仲間から聞いてた噂、事前情報通りとてもカオスなマンション。

さすが、「日本のサグラダ・ファミリア」、「究極のセルフビルド」は伊達じゃない!!

沢田マンションの外観写真

▲正面玄関です。

▲お向いにある家電量販店駐車場からの写真。そうなんです。デカい建物なんです。

▲正面玄関すぐには巨大スロープが!地下には駐車場。左手のスロープも車で行き交う事が可能です(現に住人さんが車で登っている所を目撃w)。

▲有志のボランティアさんでかつては沢田マンションの見学ツアーも開催されていてたとの事(現在はお休みとの事)。

※また、沢田マンションは許可無く撮影を禁止しています。ぼくも大家さんから撮影の許可をいただきました。

沢田マンション内観写真

で、ここで沢田マンション内も紹介したいのですが、前述の通り、入居者のプライバシーの関係上撮影は禁止されているので納める事はできませんでした。

そこで、見学ツアーで使用する沢田マンションの見取り図があったので、シェアします。

▲B1階〜1階。

▲2階〜3階

▲4階〜5階

▲RF(ロフト)というより6階w

泊まれます!一泊3500円から!!

▲沢田マンションの凄いところは、宿泊することができる事です。一泊3500円と格安です。ぼくが3泊4日で泊まった部屋はこんな感じです。

沢田マンションに宿泊希望の方はコチラから→宿泊について | 沢田マンション

生活に必要な備品揃ってます!!

▲エアコン、ベッド、トイレ、テレビ、冷蔵庫、電子レンジ、机、電気ポット、簡易ベッドになるソファーがあります。

もしやと思って更に調べると食器類や調理器具(炊飯器、鍋、計量スプーン等)、掃除機までありんす。

・・・もう、ここで普通に一人暮らしできそうだなと確信。

中は迷路だけど、部屋の中は実家の気分

沢田マンションに訪れた際、中の迷路っぷりに、大家さん(の娘さん)に会うまでに少々時間がかかりました。

12月28日にお会いした後は、部屋の説明と鍵を渡されて、先払いで3泊分(10,500円)を支払った後は、チェックアウトする12月31日までは自分の家のような感覚で活用していました。

実際、大家さんの娘さんとは、28日と31日しかお会いしませんでした汗

なんだろう!?この自由度ww

駅からは遠いけど、超快適な沢田マンションの周辺状況

高知駅から沢田マンションまでは、徒歩で30ふんぐらいかかりますので、観光目的で宿泊するのであれば、少々遠いでしょう。

しかし、ここにしばらく住んだり、移住という目的であれば話は別です。

周りはスーパー、家電量販店、飲食店、コンビニ、ホームセンター、古本屋、レンタルビデオ店、コインランドリー、等豊富にあり、普通に生活していくのであれば全く不自由ナシです。

これだけ揃っていれば、自動車はいらないですね。自転車があれば全く問題ありません。

実際のところ宿泊した感想は!?

「素人が建てたセルフビルドのマンションってどうなの」とあなたは思うかもしれませんが、結論から言うと大変満足でした。

勿論、細かい点でツッコミどころは大いにありますが、生活するという点からは、ほとんど気にならなかったです(あくまでも個人的な意見)。

宿泊しないとわからない沢マンの良い所4つ

前回は、沢マンの外観ばかりに目がいって確認できませんでした。

実は中も(宿泊部屋)も凄い事に気付きました。

個人的に凄いと思った部分をまとめてみました。

①その安さとフリーな所

https://sawadamansion.net/

▲公式サイトに明記してありますが、1泊3500円からできます(2016年3月時)。

※2021年現在は、宿泊料金が明記されていないため、気になる方は電話で事前に確認してください。

事前に電話連絡し日にちを予約しておきましょう。

後は当日にチェックイン(サイトには15時と書いてある)しましょう。

管理人さんに会ったら、宿泊代を前払いして鍵がわたされます。

チェックアウト(サイトには10時とある)する時も鍵を管理人さんに渡せば、OK。

自由度はか〜な〜り高いフリーダムなシステムです、ハイw

②食器、調理器具、日曜品ある!

▲見てください、キッチンの下には一通りの物品が揃ってます。

▲別の棚には炊飯器、フライパン、ホットプレートなど調理器具が揃っています。

ここまでキッチリ揃っている事に驚きです。

▲惣菜を皿に移して、茶碗に米飯を盛ってお椀に汁物を注げば、キチンとした献立っぽくなります。

前回旅行時は、近くのスーパーで購入したお惣菜をそのまま食してました。

ままだ自炊はしてませんが、移しただけでも雰囲気がグッと変わります。グッジョブ!沢マン!!

③スマホの充電器に使える(microUSB対応)がある!

▲今回の旅で最も助かったのが、コレ!

今回、高知県旅行では、スマホのACアダプタをウッカリ忘れてました。

モバイルバッテリーは持ってきましたが、そもそもバッテリーをどのように充電しようか!?

万事休す、旅先で買おうと思っていた所に、あったわけです。

これはツイてるとしか言いようがないw

④他にもこんなものが!!

▲畳式のベッドの下には掃除機、電気ストーブ。

他にも電気ポッド、ドライヤー、ハンドタオル、バスタオル、筆記用具、チャッカマン、ウェットティッシュ等などありました。

宿泊はおろか、普通に暮らしていけるレベルの物品が揃っています。

恐るべし、沢マン!!

ここがイマイチな点

沢マンの利点をあげましたが、「沢マンのこの辺がなぁ〜」という部分も列挙します。

①物音、騒音茶飯事!

▲構造上致し方ない部分もあるのだけど、外の物音がかなりします。

また泊まった部屋の隣は住人さんの駐車スペースだったので車のエンジン音等の騒音も多々ありました。

ぼくは全く問題ありませんでしたが、人によっては就寝時に耳栓がいるかもです。

②沢マン内の照明が気になる!

created by Rinker
¥3,850
(2022/01/28 00:51:57時点 楽天市場調べ-詳細)

▲「さあ就寝だ〜」と部屋の電気を全て消しても何故か明るい!?

それは、沢マンの外の照明が常時ついているからです。

例によって自分は全く問題ありませんでしたが、人によってはアイマスク等が必須になるかもです。

③高知駅から徒歩35分

高知県を観光する際に拠点となる高知駅から徒歩で約30分位かかります。

遠すぎ!?とあなたは思うかもしれません。はい確かに遠いのです。

対策として、高知駅に併設してあるとさてらすで電動自転車を借りていきましょう。

そうすれば、街中を散策できて一石二鳥です。

☞まとめ

高知県民の方でも「あの沢田マンションってどんな感じだった?」と聞くぐらいですから県内外とかなり注目の建物ではないかと思います。

▲高知県を旅行する際、

  • 安価な宿泊先にしたい!
  • 何か話題のある面白い場所に泊まりたい!
  • 素泊まりだけど手ぶらで泊まりたい!
  • 一人旅で身軽に行きたい!

高知県に旅行行く際に是非、一度沢田マンションに宿泊してみてはいかがでしょうか!?

こんな方は是非一度沢マンに泊まってみてはいかがでしょうか!?

きっと、一生の思い出になりますよ〜♪

created by Rinker
¥901
(2022/01/27 06:26:22時点 楽天市場調べ-詳細)

ABOUT ME
コーヘイ
福祉系の施設勤務のかたわらで当ブログ「KOHEYBLOG(コーヘイブログ)」を運営しています。筋トレ、サウナ、読書、アニメ、メモ書き、自己探求が大好きな35歳です。【詳しいプロフィールはコチラ!】